大内宿(ouchi-juku)

大内宿(ouchi-juku)


久しぶりに親子水入らずで、会津に行ってきました〜。
猪苗代湖や磐梯山の景色を楽しみ、白鳥にも出会えテンションMAX!
bandaisan

inawasiroko
大内宿
大内宿は、会津城下と下野の国(日光今市)を結ぶ32里の区間の中で会津から2番目の宿駅として1640年ごろに整備された宿場町で重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。
大内宿
土産屋、お蕎麦、甘味処、揚げ饅頭、甘酒、コーヒー、ラムネ、お餅、手作りの味噌、漬物など種類豊富なお店が揃っているからゆったりできちゃう。

大内宿

一歩足を踏み入れると、江戸時代にタイムスリップしたような不思議な感覚・・。
今では珍しい茅葺き屋根の家が立ち並ぶ素晴らしい空間。

観光協会のサイトにはこのように記載。
この大切な村・宿場の景観を未来の子供たちに引き継いで行くために、住民憲章を作り「売らない・貸さない・壊さない」の3原則を守り景観の保存にと伝統的な屋根葺きの技術習得、継承に全員で取り組んでいます。

時代が変わっても、日本の素晴らしい伝統、文化を残して行って欲しいと思います。
福島には他にも素晴らしい所が沢山ありますので、また紹介します 😛


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です