農薬・添加物を落とす方法


食の安全が問われている現在。
本屋には沢山の添加物・農薬に関する本がズラリ。

食品業界の裏側や添加物、農薬について知る事はとても大切だけど、
知識だけ得てもストレスになるだけ。

食べるの大好きっ子の私としては、
安心して食べられる食材が少ない事が何よりもストレス!
食品表示もあてにならないこの世の中で自分を守る方法はあるのかしら・・?
そんなモヤモヤしている時に出会った本。

増尾 清 著
東京農業大学専門部農芸化学科卒業。元東京都消費者センター試験研究室室長。長年にわたり、食品の安全に関する研究に携わる。

      

増尾氏は添加物や農薬の危険性について訴えるだけではなく、
自宅で簡単にできる除毒法について食材ごとに分かりやすく伝えている。
例えば、ほうれん草は切ってから茹でた方が除毒できる・・。等々。

昔ながらの食材の下処理には深い意味があったのだと知り、改めて昔の人の知恵って凄いな〜と実感。

ちょっとした工夫で健康で幸せな生活が送れる事を学べたのでスッキリ〜。
読んで損はなしのオススメの本でした 🙂

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です